2012年10月29日

iPhone5でWifiの接続スピードが遅くなる問題がパケ詰まりと根本的に同じ問題なんじゃないかと

auではパケ詰まりなんて問題も深刻化しているようですが、今回はちょっと違った話で、iPhone5を自宅でWifi接続しようとするとスピードが遅すぎて使い物にならない、という話。

かくいう自分がその現象にあたりいろいろ調べていたらAppleのサポートコミュニティで関連スレをみつけたので、そのまとめです。

iPhone5でwi-fiのスピードが極端に下がる症状。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10116219

結局は明確な回答は得られていないようですが、いくつか対策手段が提案されています。
まずはルーター関連。
・11b限定にすることで改善
・11a限定のほうが早い場合もあり、接続するAPのクセがある
・11n のみ使うようにする(2.4 GHz 帯は 11b,g のみ)(提案)
・ただしBuffaloは802.11a/n と 802.11n/g/bを分けて設定出来る機種は限られる

iPhone設定関連
・LTEを切る(設定-一般-モバイルデータ通信)
・Bluetoothを切る

iPhone関連
・SIMカードの抜き差し
・本体初期化

Wifiの規格
・WiFi 規格にあるのは、WPA-TKIP、WPA2-AESでありBaffalo の無線APは WPA/WPA2、TKIP/AES のあらゆる組み合わせで使えるようにしてあるが、WPA-AESとWPA2-TKIP は規格に無いもので、アップルはサポートしていない
・セキュリティの観点からは、WPA-TKIP では部分的になら解読できることが分かっているので、WPA2-AES が望ましい

しかし・・・対策方法が初めに話題に出した「パケ詰まり」と同じものが多いのがなんとも・・・
結局iOS6.0.1のアップデート
http://bgr.com/2012/10/22/apple-starts-testing-ios-6-0-1-for-release-in-coming-weeks-ios-6-1-to-come-after-holidays/
の、「Wi-Fiサポートの改良」を待つしかないのかもしれません。
が、これも「パケ詰まり」対策と同じ状況という。。。
posted by BigMoonEz at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

jQuryMobileとPhoneGapを使ったiPhoneアプリ制作ノウハウ

最近立て続けにPhoneGapを使ってHTML5をiPhoneアプリ化したので、その際気づいた注意点などを載せていきたいと思います。
正直ホントかどうか再現の確認などやる気力もないので、私の環境で偶然そうなった、というだけで大丈夫な内容もあるかもしれませんがご了承ください。

其の一、ページ遷移と単体ページの混在はさせない
jQueryMobileではページ遷移をアニメーション遷移するために(ってだけの理由じゃないと思うけど)1ページで複数のページを記述できます。
しかし、このパターンと、リンク先に別ページを用意するパターンと混在させてコンパイルしたところ、リンクがうまく利かなくなる不具合が発生しました。
(結構な数のページ内リンクと、ページ外リンクの場合と思われます。)
これはHTMLベースでも再現しました。

其の弐、単体ページで複数のページを用意する場合は、ページ遷移時にトランジションをつける
トランジションというのは、リンクタグに data-transition="***"と属性をつけることで、次のページへアニメーションして遷移することです。
其の一で出てきたように、JQMでは1つのHTMLファイルに複数のページを設定できますが、リンクして移動させる場合にトランジションをつけないとなぜか2回、パッパッっと切り替わるような変な表示をしたのでトランジションをつけて誤摩化しました。

正直、PhoneGapで・・・というと語弊があるか、HTML5でネイティブ同様のまともなアプリは作れません。(jQueryMobileのせいかもしれませんが)
※ここでいうまともなアプリとは「コンパイルして実機上で動くアプリ」という意味。
せいぜい、リストで遷移する程度のアプリが作れると考えたほうがいいでしょう。
iPhone4+iOS5ベースでは処理速度も遅く、たった2ページを遷移するアプリのトランジションでも
「くるりとまわって」「1回画面が真っ白になって」「またくるりとまわって」次の画面がでてくる
みたいな表示になっていました。
iPhone5+iOS6ではやっとまともな表示ができるようになりました。

其の参、iframeは使えない
これは検証が必要と考えていますが、何回か試したところ、アプリ内で別サイトの表示をさせるためにiframeを使用すると、そのページを開いた途端にsafariが起動して該当URLにリンクされてしまいます。
いま、代替え案を検討中ですが、AJAXでの制御が可能であればあるいは・・・と考えていますがクロスドメインの問題もあり一筋縄ではいかない模様。
posted by BigMoonEz at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | PhoneGap | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする