2009年02月20日

方眼紙の無料ダウンロード

えー・・・
Web制作とまったく関係ないのですが、方眼紙のPDFってあんまりないようだったので、作りました。
買うほどのものでもないし、使いたいときないんですよねw

http://www.oyogu.com/soft/houganshi_pdf.html

今のところA4とA3版、各色揃ってますw
posted by BigMoonEz at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

JavaScriptの記述位置をずらしてアクセスアップする

SEO対策のためにタグをよりスマートに、シンプルに。デザインはCSSに退避、なんてのはもう当たり前なことであって、いかに記事の本文部分をソースの上に持ってくるかが決め手になるわけです。
一般的によく言われるのが、bodyタグのすぐ後に文章を持ってくるようにということですが、「んじゃhead内はどんだけ長くてもいいのかいっ!」ってことです。
実際試してから書けばいいんですが、head内もなるべくシンプルなほうがいいと思うんですね。
そこでありがちなのが、head内にずらずら記述されるJavaScriptのfunction定義です。
よくマウスオーバーの画像切り替えのJavaScriptをブラウザやプラットフォームごとに変えてもきちんと動くようにhead内にずらずら記述されたサイトを見かけますが、SEOに影響がないわけがない。
そこで、すべてのJavaScriptに使えるわけではありませんが、定義する位置を変えてみてはどうでしょうか、という提案です。

例えば、
<html>
<head>
<Script language=JavaScript>
function hoge()〜
</script>

</head>
<body>
ここに本文
<img src="" onClick="hoge()" >
</body>
</html>


なんてソースがあったとします。
これを
<html>
<head>
</head>
<body>
ここに本文
<Script language=JavaScript>
function hoge()〜
</script>

<img src="" onClick="hoge()" >
</body>
</html>
とすることで、JavaScriptの宣言分、本文を上に持ってくることができます。
せこい?いやいや、数行が何十位に影響する場合もあるんですよ。
すべてのJavaScriptで使えるわけではありませんが、function定義されているものを、使う直前に持ってくるという方法でした。
HTMLの読み込みが全部済んでから、ユーザーのアクションによって起こるイベント(例えば上例のようなonClick)の場合は、</html>以降に記述しても動くと思うんですが、ブラウザによってとかソースによってとか問題が発生しそうなので、調べる機会があったらまたご報告させて頂きます。
posted by BigMoonEz at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

Yahoo!で上位に表示させる

なんですね、SEO対策としていろんなサイトやらいろんな本が出ておりますが、いろいろ調べてもわからない、ってことがたまにありまして。
こないだまで某キーワードでYahoo!Japanに20位で入っていたサイトが突如500位以内から姿を消し、一方同じサイトがGoogleでは500位に入っていなかったのにYahooから姿を消したのと同時期に15位に入ってきたんです。
なんだこりゃ?連動してんの?と疑いたくなるほどタイミングもばっちりで(w
思い当たるのがページの更新だった(といっても大した内容の更新ではなかったんですが)ので、元に戻してみたらすぐにYahooもGoogleも順位が戻りまして、ソースだけでこんなに変動するもんかなぁと不思議な時がありました。
原因調査中ですが、いまだわかんないですねぇ・・・
posted by BigMoonEz at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする